知っておきたい!敷金・礼金についての基礎知識

Posted on

敷金・礼金とはそもそも何なのか

賃貸の部屋を借りる際は、家賃を支払うのは当然ですが、それ以外に、「敷金」や「礼金」と呼ばれるものを入居時に支払う必要があります。まず「敷金」は、万一家賃を滞納した場合や、退去時の原状回復の費用などに充てられるお金のことであり、特に問題がなければ退去時に戻ってくるお金になります。敷金は、いわば保証金のような性質のもので、リスクに備えて一時的に貸主(大家さん)が預かっておくお金ということになるでしょう。ただし、退去時の部屋の状態によっては敷金だけでは原状回復の費用が賄えない場合もあるため、その場合は追加の費用を支払わなければならない場合もあります。そして「礼金」は、貸主に対するお礼として支払うお金のことであり、敷金と違って、戻ってこないお金になります。この礼金は、借主(入居者)が貸主に対して「これからお世話になります」という意味を込めてお金を渡すという昔のしきたりが、今でも続いているものだと言えるでしょう。

実際に必要な費用の相場とは

実際の金額に関しては、地域や物件によって差がありますが、「敷金」の場合は家賃の1ヵ月分~2ヵ月分というのが相場であり、「礼金」は家賃の1ヵ月分が相場だと言われています。そして最近では「敷金・礼金が無料」の物件があり、初期費用を抑えることができるというメリットを持つ物件として知られています。ただし、敷金・礼金が無料の物件は、入居時には費用がかからないものの、退去時に部屋のクリーニング代や修繕費といった原状回復の費用を請求される場合が一般的であるため、その点はあらかじめ確認しておきましょう。

北海道の中心からやや北部に位置している旭川市は、北海道北部の産業や経済の中心的な都市となっています。また、商業施設や住宅も多いので、旭川の賃貸マンションは住環境が整っています。

恵庭市の賃貸はこちら
サイトはこちら