実はあまり知られていない!任意売却のメリットとデメリット

Posted on

任意売却とはどんなもの?

任意売却は住宅ローンの返済を滞納してしまった時に、競売を避けるために不動産を処分するものです。ローンを滞納すると、その残債は保証会社が代位弁済します。そして債券は保証会社に移り、一括での返済を請求されます。もちろんそのようなお金はありませんから、結局は競売で安く処分されてしまいます。残ったローンはそのまま借金として残り、返済の義務が残ります。それを避けるために売却するわけですが、債権者に認められた業者に仲介を依頼する必要があります。売却後に残った残債を分割返済するために、任意売却の経験が豊富な業者を探すことが必要です。

どんな業者に任意売却を任せれば良いのか

任意売却は債権者が認める業者に依頼する必要がありますが、これは競売までの限られた期間内で買い手を見つけるためのノウハウに長けているからです。そして残債をどのように返済していくのか、債権者と交渉できる業者を探す必要があります。場合によっては、残債を圧縮できる場合があるので無理なく返済することができるようになります。

任意売却のメリットとデメリットとは

任意売却のメリットは競売に比べると、返済する借金が少なくなることです。生活を再建することが目的なので、最終的に債権者との交渉によって無理なく借金を返すことができるのがメリットです。デメリットとしては、自己破産と比べると借金を抱えることで、収入源をしっかりと確保しなければならないことです。住宅ローンを滞納する原因が職を失ったり、病気などによる入院であるケースもあります。けれども家を売却した後は、残った借金を返済しなければならないプレッシャーが残ることになります。

任意売却をしてしまうと法外な手数料を取られてしまうことがあります。そして借金が残ってしまうこともあるので注意が必要です。

リースバックの記事