部屋探しは異なる2方向から行なうと良い!?1箇所で決めるのは勿体無い

Posted on

不動産屋なら駅前と郊外店の2箇所を利用する

部屋探しを1箇所の不動産屋で決めてしまうのは勿体無いことです。なぜなら、初めて訪れる不動産屋で優良物件を最初から仲介されることはほとんど無いからです。部屋を見せたらすぐに成約してしまう部屋は、オーナーから出ている広告料が少ないので、どうしても決めたい最後の手として不動産屋の営業担当は残しています。何度か粘り強く部屋探しを行なって、ようやく出てきた部屋こそが優良物件という例が多いわけです。また、郊外店で古くから営業している個人の不動産屋ならば、礼儀正しく対応するとオーナーから直接依頼を受けている専任媒介物件を見せてもらえることがあります。専任媒介物件を多く受け持つ不動産屋ならば、顔がきくので次回の転居時にも役立つでしょう。ポイントは、1店舗で紹介された部屋のみから選ばずに、タイプの異なる複数の不動産屋を利用して全体から比較することが重要です。

インターネット検索とオーナー直接募集を使い分ける

インターネット上で募集が出ている部屋の多くは、流通物件と呼ばれる空室が長く続いている部屋が少なくありません。賃貸物件は需要と供給が偏る傾向にあるので、何らかの理由から空室率が高くなることがあり、空室となった原因が自分にとって問題ない内容ならば、一気に優良物件に変わります。一方、不動産屋や管理会社に嫌気がさして、オーナー自らが直接入居者を募集するケースが増えています。オーナー直接募集ならば、仲介者がいないので仲介手数料不要という点で有利です。内見もオーナーが行なってくれるので、気になる点をその場で解決出来るメリットがあります。

札幌の賃貸マンションを探すなら、札幌市の中心部を走る地下鉄沿いがお勧めです。地下鉄を利用できると、冬に雪が降っても問題ないですし、買い物などにも、大変便利です。

釧路の賃貸の記事