マンション購入時の住宅ローンの利用額と返済期間

Posted on

中古と新築は資産価値が異なります

マンション購入時には頭金をある程度用意しておいて、足りない分については住宅ローンを組んで購入する人が大半を占めていますが、住宅ローンの返済期間は最長35年であり、長期返済を行う事になるため、返済額は無理のない金額にしておく必要があります。

最初の内は返済が苦しくても、将来役職に就く事で収入が増えるからなどの考えで住宅ローンを組むと、すでに返済が厳しい状態でスタートする事になるため、返済が困難になる事もあります。

ローンを組む時には現在の収入に対する可能な返済額を決める、これにより借入額を計算する方法がお勧めです。

尚、住宅ローンは新築の場合には35年ローンを組む事が出来ても、中古の場合は資産価値が下がるため最長25年などになるので注意が必要です。

マンションの価値は住居スペースにあり

集合住宅でもあるマンションの土地は区分所有権を持つもので、一戸建て住宅のように土地を自由に転売する事は出来ません。

一戸建て住宅の場合は、土地の資産価値があるため、中古物件を購入する場合も土地の評価に応じて30年ローンなどを組む事が出来ても、築年数が経過しているマンションの場合、住居部分の資産価値は下がっている事からも、住宅ローンの返済期間は最長25年などで借入する事になります。

尚、35年から25年などのように、返済期間が短くなる分、利息の支払い分は少なくなっても、月々の返済額が大きくなる傾向を持つため、返済計画をしっかりと立てた上で住宅ローンを組むようにしましょう。

家族の団らんに最適な、リビングルームの広い物件に注目するのが、子育てに適した柏のマンションを選ぶ場合のポイントです。