意外に節約ができるかも?こだわりのデザイン住宅

Posted on

贅沢なだけじゃないデザイン住宅

デザイン住宅というと、通常の建売住宅では見られないアーティスティックな雰囲気をたたえた外観を持ち、内装にも贅を尽くし、高機能の最新設備を持つ、特別な住宅というイメージを抱きます。確かに、豊富な予算をかけたデザイン重視の住宅であれば、施主や建築家がこだわるポイントすべてを思い通りに反映させた住宅を完成させることができますが、大抵の場合、限られた予算内で建てることになります。特にこだわりたいポイントと妥協が可能なポイントを上手く調整して、予算に応じた無理のない範囲で仕上げられてこそ、理想的なデザイン住宅と言えます。

変わったデザインよりも風格ある正統派

特殊な形状の屋根や人目を引く形の窓など、デザイン住宅は変わった外観を持つ住宅という印象も持たれがちですが、意外に正統派の形状が好まれています。正方形など、ベーシックな形状で建てたほうがリーズナブルといった面もありますが、正方形の形そのものが持つ安定性によって、耐震性を高められるという点も、全国で地震が多い昨今、重要視されています。流行に左右されないシンプルな外観のほうが、時が経つにつれて独特の風格を持ちやすくなります。

希望通りの省エネ住宅も可能に

生活動線を考慮しながら工事費を抑える工夫をして全体の建築費用を減らしていくのも、良いデザインのうちです。例えば、バスルームとキッチンを離してしまうと水回りの配管が複雑になるため費用が余計にかかってしまい、生活していく上でも節約しにくくなってしまいます。まとめられる設備は1ヶ所に集中させて工事費を抑え、そのぶん他の箇所で贅沢するといったバランスを考えるのも、デザイン住宅の楽しみと言えます。

デザマドの公式サイト