デザイン住宅を造るときの基本的は実用性とデザイン性のバランス

Posted on

デザインを重視するか実用性を重視するか

最近の住宅は一風変わった住宅が増えています。これは、単に見た目だけの問題ではなく、住宅の中に入った時に今までの住宅とは少し違ったつくりになっている場合があります。一般的にそれらの住宅をデザイン住宅といます。デザイン住宅は、最近になり増えてきた住宅ですが、これは多くの人々が住宅を簡単に手に入れることができるようになったことが背景にあります。普通の住宅ではつまらないと考える人が出てきたためデザイン住宅の建築が広まってきました。

ただし、ほかの人がデザイン住宅にしているから自分たちもデザイン住宅にしてみようというように、安易な考え方で建築をすると、あとで後悔することになるかもしれません。なぜなら、デザインを重視すればするほど、実用性が犠牲になる可能性があるからです。例えば、デザインを重視して壁の内側をコンクリート打ちっぱなしにした場合は、断熱材を入れることができないため冬場に部屋の中が寒くなってしまう可能性があります。

デザインを重視するところとしないところに分ける

実用性を重視するあまり、デザインの魅力がなくなってしまうことがありますので、デザイン住宅は、ある程度実用性を犠牲にする覚悟も必要です。ですが、住みにくいほど実用性がなくなってしまうのも問題ですので、部分的に実用性を犠牲にしてデザイン重視した住宅づくりにするのがよいでしょう。

具体的な内容は、デザイナーとよく相談をすることで決めていく必要があります。デザイナーも、過去にいくつもの住宅を造っている人であればどこまでが実用性を発揮したデザインになるか、逆にどこまでデザインを重視すれば、実用性が犠牲になってしまう可能性があるかを詳しく知っているはずです。

DEZAMADOの公式サイト