住宅を建築するための土地選びで重要なこととは

Posted on

低地と高地はどちらがよいか

住宅を建築するために土地を選ぶ必要がありますが、この時低地と高地はどちらが良いか知っておく必要があります。日本の地形で一番広い面積を誇る関東平野でも、同じ町内でも10m以上の高低差があるところも珍しくありません。このときどちらを選んだらよいでしょうか。

まず低地ですが、基本的に交通の便が良くお店などがたくさんある場所が多いです。都会の繁華街や駅があるところは、たいていが低地です。わざわざ高台に駅を建築したいすることはありません。なぜなら、建築費用が高くなってしまうからです。ただ、低地の場合は水害などの問題が発生しやすいことをに注意をした方がよいです。

一方で、高台の場合は、落ち着いた雰囲気を味わうことができます。日本の高級住宅街の多くは、高台に位置しています。なぜなら、高台は繁華街から遠く静かな環境を手に入れやすいからです。また、地震や水害に強いといったメリットもあります。ただし、繁華街からは遠いため、買い物に行く場合も車などを使う必要が出てくるでしょう。

造成地の土地を購入する場合の注意点

アップダウンの激しいところでは、山を切り開いて造成地にしたり、逆に土を盛って造成地にしていることがあります。そのようなところが分譲地として売られていますが、注意をしなければならないことが一つあります。土を盛った造成地の場合、長い時間の経過とともに地面が沈み込んでいく可能性があります。もちろん、それを想定して転圧をしていますが、住宅を建築するとそれ以上の重みがのしかかるため、若干住宅が傾くことも想定しなければいけません。

できれば、造成して1年ぐらい経過したところを選ぶとよいでしょう。

土地探しの相談は気になる土地の不動産屋を訪ねるか、役所に行って物件を拝見させてもらうのがよいでしょう。